●○●ゴミゼロ活動●○●


吉崎海岸は三重県内でものこり少ない自然海岸で、たくさんの海浜植物が自生しています。
このような植物をまもるために、ビニールやプラスチックゴミを拾いあつめて、楠町にのこるきれいな海岸にしよう。

期日・・・平成19年5月27日(日)
集合・・・AM8:30  楠緑地体育館前
場所・・・吉崎海岸

*ゴミ袋、軍手はクラブで用意します。
*父母の会で軽トラックを出していただける方がいましたら、お願いします。
*雨で中止のときは連絡網で連絡します。

吉崎海岸にはこんなめずらしい植物が自生しています。
ハマヒルガオ ハマボウフウ ハマエンドウ

砂の上にはいつくばるように咲いています。ふまないでね


捨てられていたものの中で、昨年最大のへんてこなものは…。


カミツキガメ
原産地:カナダ南部からアメリカ、メキシコ、コロンビアなど。
特徴 :生まれたてのかわいい赤ちゃんガメが、コモンスナッパーという名前で輸入されてくる。
しかし、大きく凶暴になるためもてあまされ、野良ガメになったものがよくニュースになる。
性格の荒さはカメ中トップ。生命力も強い。
参考図書『世界の爬虫類カタログ』江良達雄

目の前のものにかみつく習性があるそうです。くわえた棒をどんなに引っ張っても離しませんでした。
大人でも指を出したらかみちぎられるとか。
けれど、本当ならアメリカ大陸にいるはずのこのカメが、どうして吉崎海岸にいたのか?
考えてみてください。